故障・サポート 

お客様の安心と安らぎの為に、どのような努力もあきらめず小さな事でも変わらず対応いたします。是非ご相談下さい。

安心保障制度・アフターケアのご案内

安心保障制度

全品2年保証

2年間の無料保証
(お買い上げの日から2年以内に生じた自然故障については無償で修理致します。)

※ 一部の器種で1年保証・3年保証が御座います。

安心アフターケア

保証期間以後でも、無期限で調整・クリーニング・乾燥などのメンテナンスを無料で致します。 操作・お手入れ・使い方の説明は期間問わずいつでもOKです。

※ 但し訪問の場合には費用がかかる場合が御座います。
※ 消耗部品には別途交換費用がかかります。

よくある質問

補聴器の価格はいくらですか?

補聴器の種類により価格帯が異なりますが、4万円台から40万円台までの価格帯でさまざまな補聴器をご用意しております。オーダーメイド補聴器で98,000円~ 耳かけ型補聴器で68,000円~ ポケット型補聴器で42,000円~になっております。高価格になるほど多彩な機能を搭載し、より細かな調整ができるようになっています。

補聴器にはどんな種類があるのですか?

補聴器には代表的なものとして、耳あな型、耳かけ型、箱型、メガネ型と4種類の形があります。近年の傾向として、耳あな型と耳かけ型がほぼ同等の割合で年間販売台数の9割近くを占めています。詳しくは補聴器についてのページをご覧ください。

両方の耳に装用するのが良いと聞きましたが本当ですか?

片目で見るより両目で見る方が疲れず視野が広がり立体的にモノを識別できるように、補聴器も両方の耳に装用することで以下のようなメリットがあります。

* 音の方向や距離感がわかりやすいので街なかでも安心。
* 騒音や雑音の中でも、言葉が聞き取りやすくなる。
* 左右どちらからの会話も聞き取りやすくなる。
* 聞こえる範囲が広がり、音の臨場感が増す。
* 耳が疲れにくく、長時間の装用が楽になる。

補聴器の装用で聴力が悪化することはありますか?

ご自身の聴力に適切に調整された補聴器であれば聴力が悪化することはありません。しかし、必要以上に大きな音量のまま使用しつづけると聴力を悪化させる恐れがありますので、調整が非常に重要になります。

補聴器の耐用年数はどのくらいですか?

一般的な補聴器の耐用年数は5年くらいと言われています。補聴器は耳の中という高温多湿の環境で一日中使用する製品です。定期的な点検や毎日のお手入れが非常に重要になります。

補聴器のフィッティングとはなんですか?

お選びいただいた補聴器を、きこえの状態に合わせてより効果的にお使い頂けるように調整する作業をフィッティングといい、補聴器を使いこなすためにとても大切です。専門知識の豊富なスタッフに遠慮なくご相談いただき、必要に応じて複数回の調整(フィッティング)をすることで、補聴器が大切なきこえのパートナーになっていきます。

電話での会話に不便を感じていますが、補聴器で改善できますか?

きこえの状態によって差はありますが、適切な調整によって改善が期待できます。補聴器によっては、電話の聞き取りに適した音質に自動的に切り換わる機能や受話器の電気的な動作を直接補聴器に伝える機能(テレコイル/オートコイル)を備えたものもあります。補聴器の種類によって、受話器の当て方にコツがありますので、一度ご相談ください。

使っていると「ピー」という音がするのですが?

これはハウリングと呼ばれる現象で、お客様の耳と補聴器との間に隙間ができていることが原因と考えられます。これは補聴器で増幅された音がこの隙間から漏れ、再び補聴器のマイクで拾ってしまうことにより起こります。まずはしっかり補聴器が装用されていることをご確認ください。それでも解消されない場合はご相談ください。

補聴器のお手入れ方法は?

補聴器は精密な電子部品の集まりです。日常のお手入れをこまめにしていただくことで長くお使いいただけます。一部の補聴器には撥水加工なども施されていますが、電子部品は湿気を嫌うものが多く、手の届きにくい細部に汚れがたまることもありますので、梅雨時や夏場、運動やスポーツをされた後などは特にお気をつけ下さい。

定期的にご来店いただき、特殊な真空乾燥とお掃除・点検が必要です。ご自宅では乾燥(ドライ)ケースで保管されることをお勧めいたします。

お問合せの方はこちらへ

お困りの際はスタッフまでお気軽にお問合せ下さい
店舗電話番号 075-371-4133

もしくは 問合せフォーム へご記入下さい