補聴器について 

私たちの暮らしにとって聴覚はとても大事な体の一部ですが、様々な要因から不調になったり致します。補聴器とは、生活や暮らしの手助けをしてくれるとってもやさしい機械です。

お薦めしたい方

  • 会話の内容が聞き取りにくい。
  • 複数の人の会話が聞き取りにくい。
  • テレビの音が聞き取りにくい。

ぴったりの補聴器を探しましょう。

補聴器のタイプ

補聴器の種類には、簡易な物から調整などが必要な複雑なタイプも有り、簡単に選定するのは少し難しく、更に自分にぴったりの補聴器を選定出来ないと逆に疲れてしまい残念な結果となってしまいがちです。

箱型タイプ

ラジオのように本体からイヤホンコードがあり耳せんを耳に挿入するタイプ。

箱型タイプ

長 所

  • 本体が大きく操作がしやすい。
  • 電池は単三または単四電池を使うものが多く電池の寿命は長い。
  • 比較的お値段は手頃価格なものが多く軽度から重度難聴までの種類がある。

短 所

  • コードが邪魔になる。
  • ポケットに入れて使うことが多く布ずれの音を拾うことがある。

おすすめポイント

コードが邪魔になることから活動的には使いにくいタイプですが、ベットでの生活時間が長い人にとっては非常に使用しやすいです。

耳かけタイプ

耳の後ろに乗せてチューブを使って耳せんを耳に入れ使用します。マイクが耳の上につくので箱型より音質は自然です。

長 所

耳かけタイプ
  • 耳せん部分が既成のものからオーダーまででき、補聴器本体に耳せんでの工夫により音質のチューニングがが可能。
  • カラーバリエーションや形・大きさのバリエーションはもちろん聴力的にも幅広く対応できる。
  • 操作が簡単なので取扱いしやすい。

短 所

  • 耳に乗せて使用するため、汗の多い人には故障が起きやすい。
  • メガネや帽子の着用時に邪魔になることがある。

おすすめポイント

自動で会話にピントを合わせる指向性(マイクが音を拾う方向)のついているタイプは非常に良いです。

耳穴タイプ

外からほとんど見えない超小型の物から、取扱いのしやすい大きいものまであります。マイクが耳の中にあるため音質は自然です。

耳穴タイプ

長 所

  • マイクが耳の中にあるため音質は自然。
  • 比較的目立たないものが多い。
  • 汗での故障に比較的強い。
  • メガネや帽子と併用しても邪魔にならない。

短 所

  • 耳垢が柔らかい人本体に入りこんで故障しやすいので適さない。
  • 既成のタイプは形が合わずハウリングがしやすい。オーダーは比較的高価なものが多い。

おすすめポイント

耳垢に問題がなく重度難聴でなければおすすめです。低域が比較的正常に近い場合は、空気穴を大き目にしてもハウリングしないものが出てきてます。